山手樹一郎の激安通販サイト

            

江戸桜金四郎―人情つむじ風 (コスミック・時代文庫)

価格:1,203円 新品の出品:1,203円 中古品の出品:285円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
訳あって家出をした金さんこと遠山金四郎は、団十郎吉という遊び人に指南され、しりっぱしょりにぬすっとかぶり。吉原のおいらん小町に可愛がられ、すっかり遊び人気取り。それが船徳の看板娘お玉に出会って居候を決め込むばかりか、「お玉ちゃんの金さん」と噂されるほど相惚れの仲に。うっかりすると大身旗本三千石の遠山家の若様ぶりが出て、金さんに惚れ抜いているお玉は屋敷へ帰りゃしないかと心配でたまらない。人の罪を暴く手伝いなどしたくない金さんだが、悪い奴は許せない。知恵と度胸で次々と悪人を裁く名奉行・遠山の金さん若かりし頃の爽やかで人情味溢れる放蕩っぷりを描く。国民的人気作家山手樹一郎による超痛快!時代小説。
変化大名―山手樹一郎傑作選 (コスミック・時代文庫)

価格:1,134円 新品の出品:1,134円 中古品の出品:614円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
スリにあっても気づかず、「わしは最近まで頭の病気で座敷牢にいたからな」と自嘲する浪人・福は内福太郎。この福太郎、実は福知山藩七万石の次期藩主、松平徳之助で、悪家老大和田外記の野望のために狂人扱いされていたのだ。殿様という身分はいらない、ただ惚れた女のだんな様になりたい、道を正したいと牢を脱け出した福太郎であったが、その願いさえ許さぬ悪人の刺客が藩から放たれる。しかも敵はひとりではなかった!同じ頃、お家には復讐鬼と名乗る謎の男の魔の手が迫っていたのだ。悪家老外記、復讐鬼、そして若殿福太郎…三つ巴の争いを福太郎はいかに闘うのか。そして最後に勝者となるのは―!?国民的人気作家・山手樹一郎の評判作を刊行する傑作選、第三弾!
江戸名物からす堂 1 (山手樹一郎長編時代小説全集)

価格:823円 新品の出品:823円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー

浪人若殿―山手樹一郎傑作選 (コスミック・時代文庫)

価格:1,069円 新品の出品:1,069円 中古品の出品:648円
コレクター商品の出品:882円
カスタマーレビュー
岡っ引きの娘お吟は、父も一目置く勘のよさで女だてらにお役目の手伝いをする毎日。そんなお吟に浜松藩の留守居役堀川から、出奔した家中重役の道楽息子を捕えてほしいという奇妙な依頼が来る。しかし、その相手、香取礼三郎は藩主松平忠之の異母弟の仮の姿だった。実は江戸家老宇田川や留守居役一派こそ賢明な礼三郎を追い落とし、藩を我がものにしようとしていたのだ。そんな折、兄毒殺の報が届く。藩の命運はここまでなのか?真実を知ったお吟は、ひとりでも若さまの味方をしようと決め、その熱意に動かされて礼三郎もついに立ち上がる。浜松六万石の存続をかけて戦いの火ぶたはついに切られた―!!
山手樹一郎長編時代小説全集 65 (65)千石鶴(下)

価格:669円 新品の出品:669円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:51円
カスタマーレビュー

遠山の金さん (山手樹一郎長編時代小説全集)

価格:885円 新品の出品:885円 中古品の出品:69円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
文庫本です。
桃太郎侍(新潮文庫)

価格:959円 新品の出品: 中古品の出品:1,235円
コレクター商品の出品:3,399円
カスタマーレビュー
親に捨てられて、江戸の片隅で育った自分に、今さら若木家の御家騒動など知ったことか、と一時はそっぽを向いたものの、実の父兄の苦難に、若くて強い桃太郎侍は、もうたまらない。いざ鬼征伐! 家来は泥棒あがりの伊之助と美少女お百合。奸悪な大敵一味との道中大接戦は、恋に狂う踊りの師匠を加えて息もつがせぬ展開。昭和十四―五年、地方新聞に連載され、評判をとった代表作。
山手樹一郎長編時代小説全集 64 (64)千石鶴(上)

価格:669円 新品の出品:669円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:250円
カスタマーレビュー

又四郎行状記〈下巻〉 (コスミック・時代文庫)

価格:1,018円 新品の出品:1,018円 中古品の出品:437円
コレクター商品の出品:51円
カスタマーレビュー
松平和泉守の三男、源三郎は磐城平藩内藤家の多恵姫に婿入りすることとなり、婚礼までは素浪人笹井又四郎として気ままに過ごそうと決める。ところがひょんなことから、内藤家の江戸家老・大島刑部の陰謀を知る。世間で鬼姫と呼ばれる一風変わった多恵姫を廃し、江戸の八重姫に家督を継がせて藩の実権を握ろうというのだ。深川芸者お艶、材木問屋の後家お蝶らの力を借り、多恵姫の窮地を救う又四郎。しかし執念深い敵の罠に、人を疑うことを知らない又四郎はあっけなく落ちてしまう。生きて再び多恵姫に会えるのか。そして、お艶、お蝶、女役者菊八をも巻き込んだ恋の行方は―!?超痛快!時代小説。
素浪人横丁―人情時代小説傑作選 (新潮文庫)

価格:464円 新品の出品:464円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
剣の腕が立つ、心優しい浪人伊兵衛のもとに、思わぬ仕官の話が舞込んで(「雨あがる」)。大名屋敷の玄関先に切腹志願の半四郎が現れた(「異聞浪人記」)。江戸へ仇討ちに来た十太郎の助太刀は、酒屋で出会った男色浪人(「夫婦浪人」)。病に倒れた源四郎の、自慢の女房が戻らない(「八辻ヶ原」)。貧乏浪人平助は、親友仙田忠兵衛から金の工面を頼まれて(「浪人まつり」)。感涙必至、傑作人情時代小説五編を厳選。

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  譟ソ蟠手ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧「繝ォ繝舌う繝 豺サ縺蟇  繝「繝ウ繝ュ繝シ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 蟯宣  繧ソ繧、繝、 繝弱シ繝 譬シ螳  譚ア莠ャ 蟆る摩蟄ヲ譬。 蟆ア閨キ  繧ォ繝シ逕ィ蜩 騾夊イゥ  荳榊虚逕」 驕狗畑  蜈千ォ・蠢逅蟄ヲ  蟆丞ュヲ譬。 謨吝藤蜈崎ィア 騾壻ソ。  繧ソ繧、繝、謖∬セシ縺ソ蜿紋サ  繧キ繧「繝ェ繧ケ 蜉ケ譫