北方謙三の最新通販情報。

            

岳飛伝 三 嘶鳴の章 (集英社文庫)

価格:905円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:880円
カスタマーレビュー
金軍総帥・兀朮が梁山泊の北に展開すると同時に、撻懶の軍も南進を始めた。戦いの幕がついに切って落とされた。呼延凌率いる梁山泊軍との全面対決となる激突だった。史進の遊撃隊の奇襲により、大打撃を蒙った金軍は後退し、戦いは収束。梁山泊は若い宣凱を単身金に差し向け、講和の交渉に入った。一方、岳飛は来るべき戦いに向け準備を開始する。それぞれの思惑が交錯し、血の気配漂う第三巻。
岳飛伝 3 嘶鳴の章 (集英社文庫)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:390円
コレクター商品の出品:1,750円
カスタマーレビュー
総帥・兀朮率いる金軍が南下し激しいぶつかり合いとなるも梁山泊軍が撃退。そして、宣凱が金国へ単身、講和交渉へ乗り込む。一方、南宋は岳飛が着々と戦いの準備を進めていた。(解説/張競)
岳飛伝 5 紅星の章 (集英社文庫 き 3-87)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,883円
カスタマーレビュー
総力を結集して激突した南宋軍と金軍。岳飛は漢族の領土奪回に燃え、北進を続け、兀朮は南宋に進攻させた別働隊を活かし勝利を狙う。一方の梁山泊にも変化が訪れた。躍動の第五巻。(解説/諸田玲子)
岳飛伝 4 日暈の章 (集英社文庫 き 3-86)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:650円
コレクター商品の出品:290円
カスタマーレビュー
ついに兀朮率いる金軍と、南宋の岳飛軍と張俊軍を併せた全軍が激突! 両者一歩も譲らない戦いが展開された。一方、南宋有利に進む中、秦檜には別の思惑が──。中原で蠢動する第四巻。(解説/鳴海章)
室町無頼

価格:1,836円 新品の出品:1,836円 中古品の出品:1,242円
コレクター商品の出品:4,499円
カスタマーレビュー
腐りきった世を変えてやる。前代未聞のたくらみを一本の六尺棒で。超絶クールな大傑作エンタテインメント。応仁の乱前夜、富める者の勝手し放題でかつてなく飢える者に溢れ返った京の都。ならず者の頭目ながら骨皮道賢は権力側に食い込んで市中警護役を任され、浮浪の徒・蓮田兵衛は、ひとり生き残った用心棒を兵法者に仕立てようとし、近江の古老に預けた。兵衛は飢民を糾合し、日本史に悪名を刻む企てを画策していた……。史実に基づく歴史巨篇。
室町無頼

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:4,800円
カスタマーレビュー
応仁の乱前夜、富める者の勝手し放題でかつてなく飢える者に溢れ返った京の都。ならず者の頭目ながら骨皮道賢(ほねかわどうけん)は権力側に食い込んで市中警護役を任され、浮浪の徒・蓮田兵衛(はすだひょうえ)は、ひとり生き残った用心棒を兵法者に仕立てようとし、近江の古老に預けた。兵衛は飢民を糾合し、日本史に悪名を刻む企てを画策していた……。史実に基づく歴史巨篇。
ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

価格:5,400円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,500円
カスタマーレビュー
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。 日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高/我孫子武丸/綾辻行人/有栖川有栖/五十嵐貴久/伊坂幸太郎/石田衣良/岩井志麻子/逢坂剛/大沢在昌/乙一/折原一/恩田陸/垣根涼介/香納諒一/神崎京介/貴志祐介/北方謙三/北村薫/北森鴻/黒川博行/小池真理子/今野敏/柴田よしき/朱川湊人/真保裕一/柄刀一/天童荒太/二階堂黎人/楡周平/野沢尚/法月綸太郎/馳星周/花村萬月/東野圭吾/福井晴敏/船戸与一/宮部みゆき/森村誠一/山田正紀/横山秀夫
岳飛伝 二 飛流の章 (集英社文庫)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:880円
カスタマーレビュー
淮水で金軍の兀朮が岳家軍と、ほぼ同時に撻懶が梁山泊軍と交戦するが、それぞれ退く形で一旦収束する。兀朮は楊令の遺児・胡土児を養子に迎え、南宋の宰相に復帰した秦桧は漢土の統一を目指し奔走する。一方、梁山泊の新頭領・呉用からの命令は相変わらず届かず、新体制下の模索が続いていた。子午山では妻・公淑の死を想い、王進は岩の上に座す――。静かに時は満ち、戦端の火蓋が切られる、第二巻。
岳飛伝 2 飛流の章 (集英社文庫)

価格:648円 新品の出品:648円 中古品の出品:349円
コレクター商品の出品:13,500円
カスタマーレビュー
つかの間の平和。新しき戦いの予感が。排水が成功し、呉用のもと、新体制を築きはじめた梁山泊。一方、岳飛は精巧な義手を身につけ、力を取り戻す。そんな中、金国が南進を始めた。(解説/池上冬樹)
岳飛伝 一 三霊の章 (集英社文庫)

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:19,799円
コレクター商品の出品:480円
カスタマーレビュー
負けたのだ。「替天行道」と「盡忠報国」というふたつの志の激突だった。半年前の梁山泊戦。瀕死の状態の楊令に右腕を切り飛ばされた岳飛は、その敗戦から立ち直れずにいた。頭領を失った梁山泊は洪水のために全てが壊滅状態にあった。一方、金国では粘罕(ネメガ)が病死した後、軍を掌握したのは兀朮(ウジュ)。そして青蓮寺が力を失った南宋も混沌とした状態だった。十二世紀中国で、熱き血潮が滾る「岳飛伝」開幕! 大水滸伝・最終章、待望の文庫電子版全17巻刊行開始。

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  鬮俶「∬ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧「繝九Γ繧ッ繝ェ繧ィ繧、繧ソ繝シ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繝舌う繧ッ繝代シ繝  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 辭頑悽  繧ソ繧、繝、 WISH 豼螳  譚ア莠ャ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繝医Κ繧ソ  豌エ譎カ繧「繧ッ繧サ縺ョ蟆る摩繧キ繝ァ繝繝  迚ゥ豬∝涵邇  譬ェ繧ィ繝エ繧。繝ウ繧ク繧ァ繝ェ繧ケ繝医騾莨  繧ソ繧、繝、 謖√■霎シ縺ソ 菴先ク。蟶  蜷咲ーソ螻